ストリートビューは最新の情報を提供するため、Googleやユーザが日々撮影を行っています。 道路や建物は建て替えや工事で変化してしまうためです。 ですが人は土地を訪れた時に見た景色で記憶をしているので、 建物や道が変わってしまうと戸惑うこともあると思います。 今回紹介するのは、ストリートビューの過去の画像をみる方法です。 ここに確かあの店があったんだよな~ など過去の記憶と照らし合わせる事が出来ます。 はじめに見たいストリートビューを表示します。 ストリートビュー画面左上に”ストリートビュー-8月2017”と表示されていますが、これが現在表示しているストリートビュー画像のアップロード日付です。 これをクリックします。 注:日付の左横に「時計アイコン」が表示されているストリートビューのみこの機能は使用することが出来ます。  

クリックすると日付を選択するスライドバーが表示されるので、 それをスライドし見たい日付を指定します。 こうすることで過去のストリートビュー画像を確認することが出来ます。
昔住んでいた場所がどのように変化していったか見てみるのも面白いですし、 過去に訪れた場所を記憶を頼りに訪れる時、役に立つ機能になるかもしれません。 ストリートビューでタイムスリップしてみましょう。 アジャストコミュニケーションではGoogleストリートビューの正規認定プログラムを取得しています。 自分のお店をストリートビューで紹介したい! とお考えの方は是非お気軽にお問い合わせください。