ITツール一覧

取扱いITツール一覧

IT導入補助金2022では、IT支援事業者が提供する「認定されたITツール」で申請しなければいけません。このページでは、当社が認定を受けて提供できる「ITツール」をご紹介しています。
①申請を成立させるためには、「ソフトウエア」として認定されたITツールの6つの機能(プロセス)のうち最低1つの機能は含まれていることが条件となっています。  
②さらに「ソフトウェア(オプション)」「役務(付帯サービス)」の中からいずれかを含め申請します。以下、当社で申請可能なITツールをご紹介します。
③ハードウエアに関しては、システムを運用するための機器であれば予算内で申請することが可能です。(指定された登録製品というのはありません)

通販及び業務改善認定ツール

Shopify

Shopify(Web通販システム デジタル化基盤導入類型※1

インターネット通販のためのITツールとしてご利用いただけるシステムです。クラウド上で利用し、商品の販売や管理、カード決済などの機能を備え、インターネット通販に必要な様々な機能を提供するITツールです。
認定された機能:ソフトウェアの① 顧客対応・販売支援 ② 決済・債権債務・資金回収の2つの機能が認定されていて、デジタル化基盤導入類型として申請が行えます。導入にあたり、ホームページの制作、システム導入の保守管理費用の1年分が申請の対象になります。※クラウドに資するツール
※Shopify利用費用に関しては、補助対象外で別途費用がかかります。

ITツールの詳細

EC-CUBE

EC-CUBE(Web通販システム デジタル化基盤導入類型※1

インターネット通販のためのITツールとしてご利用いただけるソフトウェアです。クラウド上で利用し、商品の販売や管理、カード決済などの機能を備え、インターネット通販に必要な様々な機能を提供するITツールです。
認定された機能:ソフトウェアの① 顧客対応・販売支援 ② 決済・債権債務・資金回収の2つの機能が認定されていて、デジタル化基盤導入類型として申請が行えます。導入にあたり、ホームページの制作、サーバー、ドメイン等の費用の1年分が申請の対象になります。※クラウドに資するツール

ITツールの詳細

Welcart

Welcart(Web通販システム デジタル化基盤導入類型※1

インターネット通販のためのITツールとしてご利用いただけるソフトウェアです。クラウド上で利用し、商品の販売や管理、カード決済などの機能を備え、インターネット通販に必要な様々な機能を提供するITツールです。
認定された機能:ソフトウェアの① 顧客対応・販売支援 ② 決済・債権債務・資金回収の2つの機能が認定されていて、デジタル化基盤導入類型として申請が行えます。導入にあたり、ホームページの制作、サーバー、ドメイン等の費用の1年分が申請の対象になります。※クラウドに資するツール

ITツールの詳細

CMS-WP

ネットショップ管理プラグイン(Web通販システム デジタル化基盤導入類型※1

Welcart同様にWordpressのプラグインとして利用できる通販のためのITツールです。クラウド上で利用し、商品の販売や管理、カード決済などの機能を備え、インターネット通販に必要な様々な機能を提供するITツールです。
認定された機能:ソフトウェアの① 顧客対応・販売支援 ② 決済・債権債務・資金回収の2つの機能が認定されていて、デジタル化基盤導入類型として申請が行えます。導入にあたり、ホームページの制作、サーバー、ドメイン等の費用の1年分が申請の対象になります。※クラウドに資するツール

ITツールの詳細

Microsoft365/Office365

Microsoft365(業務改善ツール A類型又はB類型/※2)

マイクロソフト社のビジネスソフト。Microsoft365はExcel、Word等のビジネスツールに加えグループウェア機能としての各種ツールを含んた機能を提供しています。
認定された機能:「汎用パッケージ」として認定。業務パッケージと組み合わせて利用できるツールです。D類型の申請を利用する場合、ソフトウェアが非対面型であり、クラウドソフトの条件を満たした2つ以上のプロセスが条件になります。当社の場合、Microsoft365は汎用パッケージのプロセス1つのみの認定であるため、通販システムと連携したC類型での申請又は、D類型での申請いずれかを選択いただき申請する形になります。

ITツールの詳細

※1:デジタル化基盤導入類型での申請以外にA/B類型としての申請をすることができます。

※2:デジタル化基盤導入類型での申請はできません。また、汎用ツールとなるため、このツール単独での申請はできません。また、通販システムはA/B類型としては申請することができません。後日追加登録予定のA/B類型のITツールとのセット申請で初めて利用が可能です。



xxxx